自筆証書遺言とは

自分の死後に発生するかもしれない相続争いを未然に防ぎ、遺産相続が滞りなく遂行されるため、遺言書を作成しておくことは有効な手段と言えるでしょう。なぜなら、遺留分を別にすれば、遺言書の内容は、法律で定められた相続の規定にも、優先されるからです。ただし、遺言書は、正しい形式で作成されなければなりません。万一、遺言書の形式に不備などがあると、内容が無効となってしまいます。
ところで、遺言書には、3つの種類があります。このうち、秘密証書遺言と公正証書遺言は、公証役場において、2名以上の証人の立会の下で作成される遺言書です。公正証書遺言の場合、遺言者と公証人および証人が遺言の内容を確認しながら作成する点が、秘密証書遺言と異なります。


なお、遺言書を手軽に作成したいのであれば、自筆証書遺言という種類があります。その名の通り、自分で作成する遺言書です。前述の秘密証書遺言や公正証書遺言と異なり、費用もかからず、証人も不要です。さらに、自身でしっかりと保管・管理しておけば、その内容も秘密にしておくことが可能です。ただし、形式不備のリスクは高まることになります。したがって、作成時には、細心の注意を払う必要があります。

Filed under: 未分類 — はな 11:57 AM