遺言書を作成する時に気をつけたいこと

遺言書は、自筆証書遺言と公正証書遺言があり、それぞれ書き方が法律で定めらており、それに沿って作成しなければ無効となってしまいます。せっかく作成した遺言書が無効にならないためにも、気をつけたいことに留意して取りかかりましょう。
自筆証書遺言書で気をつけておくことは、消せる鉛筆以外のペンで全文を自筆で書くことです。用紙の制限はなく、縦書き、横書きも自由ですが、作成した日付も氏名も全て自筆で書かなければいけません。そして、印鑑できれば実印を押印します。作成したら封筒に入れて、表に「遺言書」と書いておくとよいでしょう。また、生きている間に誰にも読まれたくない場合は、封入し印を押印しておけば、家庭裁判所で検認するときまで開封できませんのでお勧めです。


遺言書を訂正するときは細かな方式に従って行わなければならず、とても面倒ですので、新たに書き直した方がいいでしょう。
公認証書遺言書は、証人となる2人以上の立会のもと、口述した遺言内容を公証人が筆記し、これを遺言者と証人が確認し、各自が署名捺印します。この遺言書は、公証人が法律に定める手続きに従って作成したものである旨を付記し、署名捺印して完成します。
証人となる立会人には、未成年者、推定相続人、受遺者及びその配偶者及び直系血族はなれません。また、公証人の配偶者や四親等内の親族なども同じです。

Filed under: 未分類 — はな 11:57 AM