遺留分について

遺留分は、故人の遺産を相続する人が、最低限相続することができる割合のことを言います。その割合は、相続人が父母のみのときは相続財産の3分の1、 その他の場合は2分の1と法律で決められています。 兄弟姉妹は、該当しません。
遺言書は、法定相続人・法定相続分よりも優先されるため、書かれた内容によっては、家族が相続できずに生活に困ってしまう事態なども生じることが考えられます。それを避けるために、最低限の相続できる割合を法律で決めているのです。
対象者は、被相続人の配偶者、子供、直系尊属の父母です。ただし、子供がいる場合は、父母はなくなります。


遺言により特定の人などに財産を取られてしまった場合は、その人たちに請求しなければなりません。請求できる期間は、相続開始および自分の相続できる権利が侵害されていることを知った日から1年です。それを知らず請求しなかった場合、相続開始の日から10年過ぎますと、時効になり権利は消滅してしまいます。
相続人の相続できる権利分を無視した遺言書でも、法的に無効とはなりませんから、侵害された人は、有効期間中に必ず申請して法で決められている割合の相続を受けるようにしましょう。
侵害があったときは、財産を返してもらえることを覚えておいてください。

Filed under: 未分類 — はな 11:58 AM