配偶者と兄弟姉妹がいる場合の遺留分について

父親が亡くなったので、遺産を整理していたら、遺言書が見つかり、そこには「自分が死んだら、全財産を愛人に相続させる」と記述されていた…ドラマにでも登場しそうな設定ですが、可能性の全くない話ではありません。亡くなった人の意思は極力尊重されるべきとはいえ、遺族にとっては、あまりにも理不尽な内容ではないでしょうか。


ただし、民法には、相続人が最低限相続できる財産の一定割合が定められています。これを遺留分といいます。このように、相続人が相続できる最低限の一定割合を保証することによって、上述のような理不尽が回避されていると言ってもよいでしょう。それでは、保証されている相続人の範囲は、どこまでと定められているのでしょうか。実は、配偶者、子供、父母までと定められています。意外に感じる人が多いかもしれませんが、実は、兄弟姉妹には、相続人が最低限相続できる財産の一定割合の保証がないのです。つまり、兄弟姉妹は、仮に、遺言書の内容に不満があったとしても、こうした最低限相続できる財産の一定割合に関する権利を主張することはできないのです。「兄弟は他人の始まり」などという諺を聞いたことがありますが、民法の定めは、この諺を想起させます。

Filed under: 未分類 — はな 11:59 AM