配偶者と子供が相続人の場合の遺留分について

遺留分とは、遺言に優先して、相続人に遺すべき最小限度の財産の範囲のことです。
日本の民法では自由な内容の遺言を認めていますから、遺言者は全財産を第三者に渡すという遺言をすることができます。しかしそれでは残された遺族が生活できなくなることになってしまう場合があります。そこで相続人に一定割合の財産を相続する権利を定め、遺族の生活を保障しているのです。
どのくらいの割合が認められているのでしょうか。相続人が配偶者や子供の場合は原則として全財産の二分の一、父母のみの場合は全財産の三分の一です。兄弟姉妹には認められません。


例えば相続人が配偶者と子供が二人の場合は、配偶者が全財産の四分の一、子供が各々全財産の八分の一になります。
この権利は、相続の欠格、廃除、相続放棄によって相続権を失ったとき同時に失います。その場合、他の相続人の割合に増減はありません。
また、被相続人の生前にこの権利を行使しないという意思表示することができます。つまり放棄することができます。相続開始前に放棄する場合は家庭裁判所の許可が必要ですが、相続開始後に放棄する場合は特に手続きは必要ありません。どちらの場合でも、本来の相続人としての権利は失いません。

Filed under: 未分類 — はな 11:59 AM