遺言書に書いてあること

本人が死亡したあとに効力が発生する法律的に保証された意思表示のことを遺言(「ゆいごん」または「いごん」)と言い、その遺言が記載されている書類のことを「遺言書」と言います。
遺言による相続は民法で定められている法定相続よりも優先されるので、遺言がある場合はそれに基づいて故人の財産の処分や相続が行われます。
ですので、遺言によって遺産の配分や分割方法を指示したり、自分が生前親しくしていた友人などの法定相続人以外の人に財産を残したりすることができます。
ただし、法定相続人以外の第三者に自分のすべての財産を譲る、といったような極端なケースを避けるための救済措置として「遺留分」という、法定相続人に最低限の割合で相続が認められる制度があるので、遺言で全ての財産を自分の思い通りに出来る、というわけではありません。


ちなみに遺留分は法定相続の2分の1と定められています。
また遺言の内容は、どのようなものであっても構わないのですが、そのすべてが法的な拘束力を持つわけではありません。
実際に効力を持つのは、「財産処分に関すること」、「相続に関すること」「身分に関すること(子供の認知、相続人が未成年者である場合の後見人の指定など)」の3つです。